MY Time

アイマスをやっている人のやつです

サンリオの新米キャラこぎみゅんってどんな子?コギムニストって?調べてみた!

 この記事はim@stodonなどのアイマスマストドンインスタンスの住人によるアドベントカレンダー企画Except imasに寄稿させていただいたものです。

昨日12/3の担当はばりっぴさんでオンガクとオトの話(主要な音の非可逆圧縮技術の雑多な話)でした。

オーディオ沼というのは音質の高さを求めるだけの世界ではないのだなあと感じさせてくれるとてもいい記事でした!

 

 


 

 

皆さんはこぎみゅんというキャラクターをご存知でしょうか?

サンリオの比較的新しいキャラなのですが、今、SNSで大人気なんだそうです!

今回はこぎみゅんがどんなキャラなのか調べていきますよ!

 

1.どういうキャラ?

こぎみゅんがキャラクターとして初めて登場したのが2015年。その後、2018年サンリオキャラクター大賞で初エントリーにして28位にランクインし「新人賞」を受賞、2019年サンリオキャラクター大賞ではなんと19位まで順位を上げています。これは確かに人気キャラと言えそうです。

 

次に見た目ですが、

f:id:maita_im:20191130022504p:plain

引用元:https://www.sanrio.co.jp/character/cogimyun/#char_profile

手描きらしい柔らかな線にほわっとしたデザイン、まさに正統派の可愛いキャラと言えそうです。かわいいですね。

更に2019年11月に発売されたばかりのグッズ一覧を見てみると、

f:id:maita_im:20191201044741j:plain

引用元: https://www.sanrio.co.jp/goodsinfo/cg-first-promotion-201911/

ふわふわなマスコット、ピンクを基調としたパステルカラー、そしてハートやリボンやお化粧品などのモチーフを使用したデザイン、これはまさにユメカワと言えるのではないでしょうか?

このように、こぎみゅんの見た目はキュートさに全振りしたユメカワなキャラだと言えそうですね。

 

2.プロフィールと世界観

ではこぎみゅんは一体なんのキャラでどうのような世界で生きているのでしょうか?次はそれを見ていきましょう。

店頭で配布されていたプロモーション用冊子に載っているプロフィールの文章が比較的詳しく書かれていたのでここから引用したいと思います。

小麦粉の精、コギムーナのおんなのこ。

ちょっとしたことで散ってしまう、

とてもとても儚い性格。

将来の夢は、おじいちゃんが世界一おいしいと言っていたおにぎりになること。でも本当はおにぎりがどんなものかは知らない。

「コギムーナ」は保育園に通って

「コギムニスト」という一人前の小麦粉料理に成長します。そんななか、こぎみゅんは大きいのにコギムーナのまんまなのです。

 

 

は?

 

失礼しました。しかしなにを言っているのかよく分かりませんね。

なんかこう…「ファルシのルシがコクーンでパージ」を見たときのような感情になりませんか?

というわけで少し噛み砕いていこうと思います。

 

「ちょっとしたことで散ってしまう」という部分ですが、こぎみゅんは文字通り散ってしまうことがあります。

f:id:maita_im:20191202071453p:plain

引用元: https://twitter.com/cogimyun_sanrio/status/1191913106286374912?s=20

彼女は小麦粉の精なので恐らく体が粉でできているのだと思います。そりゃ散ってしまうときぐらいありますよね。

 

おにぎりのくだりは…まあ書いてある通りですね。こぎみゅんのおじいちゃんはいまは旅に出ているようです。

 

さて、問題は「コギムーナ」「コギムニスト」ですね。

この世界(小麦粉界?) にはこぎみゅん以外にも登場人物がいます。

f:id:maita_im:20191202072950p:plain

引用元: https://www.sanrio.co.jp/character/cogimyun/?relation

それぞれの設定文もそれなりにやべーのですが今回は割愛します。他にやることがないときに読んでみてください。

このひとたちは全員コギムニストのようです。よく見ると全員がどこかしらに小麦粉を使用した食べ物なんですね。

更にコギムーナとコギムニストについて、こぎみゅん本人にLINEで聞いてみました。

f:id:maita_im:20191202074810p:plain

 

以上の情報から考察すると、小麦粉界(?)のひとたちはコギムーナとして生まれ、その時点では外見もこぎみゅんと大差ない、粉でできた体なのでしょう。

そのコギムーナが保育園(なぜ幼稚園でないのか)に通い、どんな小麦粉料理になるか自身で決断し、料理になれたひとをコギムニストと呼ぶようですね。

とてもよくわかりましたね!

 

3.考察

コギムーナとコギムニストについてとてもよくわかったところで、気になる点が出てきます。

なぜこぎみゅんだけがコギムーナのままなのでしょうか?

ここからは私の考えですが、こぎみゅんがコギムニストになれないのは、小麦粉であるにも関わらずおにぎりになりたいなどとふざけたことをほざいているからに他ならないでしょう。
しかも、高すぎる目標に向かって日々努力しているというわけではなく、おにぎりがどういうものなのかも知らない始末です。これではコギムニストになれる訳もありません。


しかし、ここでひとつの考えが浮かびます。こぎみゅんはコギムニストになりたくないのではないでしょうか?
おにぎりになりたいというのはただの言い訳で、本当は何者にもなりたくない。

いつまでも子どものままでいたい。

そんな気持ちが彼女をコギムーナのままの姿に留めているのではないでしょうか。

そうやって見ると、なんだか愛しさと、切なさと、身につまされるような思いでいっぱいになってこないでしょうか。

こぎみゅんは意外と奥と闇が深いキャラなのかもしれませんね。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

どうやらこぎみゅんにはユメカワなだけでは留まらない魅力があるようですね!

各種SNSの公式アカウントもありますので気になった方は是非フォローしてくださいね!
Twitter 

こぎみゅん【公式】 (@cogimyun_sanrio) | Twitter

Instagram 

Login • Instagram

LINE 

LINE Add Friend


……ね?

 

 


 

 

明日12/5の記事の担当はみずあおいさんで「相鉄の都心直通ダイヤについての所感」ということです。
いつも通り電車のお話をされるのではないでしょうか!
楽しみだね!

 

 


 追伸

f:id:maita_im:20191204003136j:plain

ありがとうございました。